Scotch Park スコッチパーク

アクセスカウンタ

zoom RSS 箱根に1泊、嬉しいサプライズ

<<   作成日時 : 2008/07/08 00:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

結婚式が終わったその足で、箱根に1泊してきました。

家でゴロゴロするより、近場の温泉にでも行った方が疲れがとれるかなと思ったので。
到着は遅くなるので夕食は付けず、朝食のみの気軽なプランを事前に予約。


式を終え、荷物の整理、宅配便の手配などをして、新横浜を出たのは夕方。
新幹線なら20分弱で小田原まで行けますが、
あまりにもあっけなさ過ぎるので、いったん横浜へ出て東海道線で。
小田原でぷらぷらしてから路線バスでいざ、ホテルへ。

箱根へは何度も行っていますが、
公共交通機関を使っていくのは十数年ぶり。
自家用車で行くのとはまた違って新鮮な気分。

くねくねした山道をぐんぐんとのぼっていく路線バス。
カーブも急勾配もなんのその、すごい馬力。
しかも運転手さんは慣れたもので、カーブをインにインにと攻めて走っていく。
ひょえーーー、しっかり前の席につかまってないと椅子から振り落とされそう。
気を抜くと乗り物酔いしそうです。

小田原から約45分後、ホテル近くのバス停に到着。
休日の夕方とあって、下りは渋滞知らず。
ホテルまでは徒歩1、2分。近くに見える距離。
大雨だったので近くて本当によかったです。


ホテル到着は19時頃。
披露宴でがっつり食事をしたので、お腹はさほど空かず。
早く温泉につかって、部屋でゆっくり休みたいと思いながらチェックインの手続きへ。
と、ここでフロントの方から意外なお言葉が。
「ご予約いただいていたツインのお部屋が満室になっておりますので、スイートルームに宿泊して下さい。」
・・・???
どういうことでしょう?
予約した部屋が一杯?一杯なら予約できないですよねぇ?
ネットで予約したからかぶっちゃたんですかねぇ?

色々疑問に思いつつも、
なにせ疲れていたので泊まれるなら何でもいいやと鍵をもらって部屋へ直行。


ドアを開けると広い玄関、その奥にはまたドアが。左手には廊下が伸びている。
マンションの一室と見間違うような構造で、テンション上がりめ。
奥のドアを開けると、まず寝室。広い。そしてベッドが大きい。
その奥にはリビング。これまた広い。大きなソファーとテーブル、簡単な流し台まで付いている。
部屋は2つだけだったが、トイレと浴室も2つずつ。テレビも2台。

高級ホテルではないので、
家具や内装がとっても豪華というわけではないですが、広さは十分でした。
多分90から100uぐらいはあったと思います。
スイートルームって贅沢なんですねぇ。

興奮しつつ大浴場へ。
夕食時間帯だったのでガラガラ。快適。
沸かし湯の内湯と、
源泉の内湯と露天風呂。
にごり湯のいいお湯です。履きなれない靴で疲れた足にじんわりしみる。大満足。


夜はサッカーの試合をテレビ観戦。
しかし、ここでスイートならではの問題が発覚。
広すぎる部屋にはテレビが小さく、引きの映像だと選手が小さすぎて誰なのかわからない。まるで日産スタジアムの2階席の一番上から見ているよう。
それでもソファーからは離れられず、遠くから見ていたら、ハーフタイムの頃には目が疲れてしょぼしょぼしてきた。
50型ぐらいのテレビでちょうどよかったかもしれません、贅沢な要望ですが。
でも、無事勝利したのでご機嫌でした。


翌朝は、遅めの朝食の前に温泉へ。
相変わらずの大雨で、霧で周りの山さえもろくに見えないが、温泉はやはり気持ちいい。
朝食バイキングもピークは過ぎたようで、混み合うことなく快適。
遅い時間でも少なくなったメニューをきちんと補充してくれるので、目一杯いただけました。

部屋で一休みしてからチェックアウト。
スイートルームなんか泊まっちゃって料金大丈夫なのかと不安でしたが、
ちゃんと予約したはずのツインルームの料金でした、1人1泊7000円。
うーん、これはお値打ち!


ホテルとしては、スイートを空室にするなら安くても入れたほうが良策、ってところなのでしょうが、
他に宿泊客もたくさんいるのにどうして私たちがスイートになったのかはわかりませんでした。
特に聞きもしませんでしたが・・・。

正直なところスイートルームでなくても良かったんですよ。
ツインルームも40u以上あるようで十分だと思ったから予約したわけだし、
広すぎる部屋は歩く距離が長くなって何かと時間がかかります。
普段狭い部屋に慣れているので、広いとガランとしてなんだか寒々しいですし。
それでも滅多に泊まれないスイートルームに格安で泊めてもらえたのはやはり感謝ですね。
しかも新婚旅行の予定のない私たちにとっては、これが新婚旅行みたいなものですから、とてもいい記念になりました。もちろんホテルの人はそんなこと知らないですけど。
いやいや、ほんとなんだかよくわからなかったけどありがたい旅行になりました。


帰りも路線バスにて箱根湯本まで。
下りはそれほどとばしてませんでした。
湯本からは久方ぶりのロマンスカー。
おー、速い、快適。
新幹線でなくても、ロマンスカーで十分ですね。



ちなみに、このホテルは、リ・カーヴ箱根というホテルです。
口コミでも結構評判が良いです。特に夕朝食のバイキングが美味しいということで。
個人的には朝食バイキングは中の上ぐらいだったと思います。
ただ、宿泊料がお手頃なのでそれを加味すると上の下ぐらいです。
食事会場はあまり広くなく、宿泊客が多い時は、制限時間を決めて入替えていくようです。
祝前日は混み具合に少し覚悟がいりますが、平日にサクッと行くにはとてもいいホテルだと思いました。

行ってみたらもしかして嬉しいサプライズがあるかも!?


画像


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箱根に1泊、嬉しいサプライズ Scotch Park スコッチパーク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる