Scotch Park スコッチパーク

アクセスカウンタ

zoom RSS 本番間近・・・結婚式準備

<<   作成日時 : 2008/06/20 00:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いよいよ近づいてきました、結婚式が。
気の重かった準備もほぼ終了し、あとは細かい点を確認するだけです。
あー、やっとここまできました。辛かったー。


担当の方とは結局最後まであまりかみ合わなかった感じ。
もともとソリが合わないタイプの人なんだな、と途中で気づき、
こっちもそれなりに対処したので何とかなりましたが、
もうちょっと気の合う担当者だったらもっと色々話せたのかも、と思うとちょっと残念。
まぁ、こればっかりは致し方ないです。


前に電話で予約しようとして、
『今忙しいからちょっと・・・』と切られてしまった列席者用の衣装レンタル。
ずっと気が重くて電話してなかったのですが、
式まで1ヶ月を切った頃にやっと電話しました。
さすがに時期が迫っていたので慌てて対応してくれました。

衣装やら着付やら、予約するなら早めに!って思っていましたが、
ホテルのような結婚式の多いところでは、
一組一組に時間をかけてる余裕はないので
差し迫ったぐらいの方がちょうどいいのかもしれません。



意外なところで苦労したのが衣装合わせ。

新婦用のドレスはそれなりに数もデザインも豊富で、
レンタル料のことも考えつつ色々と選べるのですが、問題なのは新郎用の衣装です。

衣装へのこだわりは全くなくて、いたって普通のタキシードを借りたかったのですが、それがない。
黒のタキシードといえば、かなり昔風のタックが入りすぎぐらいのブカッとしたパンツのものか、
最新の超キラキラしたラメ入りのかなり細身のしかないわけです。とにかく種類が少ない。

流行遅れのブカッとパンツはさすがに着られないし、
かといって30代半ばでキラキラし過ぎるのもどうかと・・・。
しかもキラキラ系の衣装のカタログは、モデルが塚本高史なんですよ。
タキシード以外の紫とか白のキラキラ衣装の写真もあり、衣装室の人曰く、「一番人気です」とのこと。
そりゃ塚本くんが着ればかっこいいかもしれないけど、
世代が上の人からすれば、モデルが塚本くんってだけで着るのは抵抗ありますよ。

それに塚本くんのは最新だからかなりレンタル料が高め。
パックの料金に新郎新婦合わせて30万までレンタル料が含まれているのですが、
とてもその中では収まらない。20万ぐらいはみ出そうな勢い。
一応事前に、30万である程度収まる衣装はあるのかと担当者に確認して「ありますよー」と言われていたのですが、
これじゃあ無いに等しい。外で借りて持ち込んだ方がよっぽど安いじゃんと思いました。

結局タキシードは諦め、もう少しお手ごろな他の衣装にしました。
他の衣装といっても、見た目的に何とかなりそうなのは1着だけだったので選ぶ余地はありませんでしたが。


それにしても新郎の衣装でここまで困るとは思いませんでしたね。
打合せの時など、周りのカップルを見れば、男性が30代半ばから40代と思われるカップルも沢山います。
見た感じで若い!というカップルより、もう落ち着いちゃってる感じの人たちの方が多いぐらいです。
入籍して何年も経ってから式を挙げるような、子供を連れたカップルも珍しくないし、
歳がいってるだけに、じゃっかんメタボな男性も少なくない。
この人たちが塚本くんの衣装を着るとはとても思えないし、かといって昔風な衣装を着るんでしょうかね?
聞けるものなら聞いてみたいぐらいでした。


あとは欲しくもない写真集を作るようにかなり強く勧められ、
断るのに苦労したとか、細かいことを言えばキリが無いくらい、
色々とストレス溜まりそうなことが多かったです。


何でこんなに辛かったんだろう??と色々考えてみたのですが、
詰まるところ、結婚式をするのは初めてで、何をどう決めたらいいのか全くわかってない自分たちと、
お客様のやりたいように合わせますよ、というホテルの受身な姿勢がかみ合わず、
思ってることがうまく伝えられなかったというところなんだと思います。

事前にああしたい、こうしたいと希望があったり、
友人などの披露宴に何度も出席して細かいことまで知っていれば、
言いたいことを聞いてもらった方がやりやすいでしょうが、
ほとんどこだわりも無く、調べ様にも何から手をつければいいのかわからないような場合は、
あれこれと提案してもらった方が良いわけです。
こちらももうちょっと会場を検討すればよかったかもしれません。

披露宴の演出ぐらいは、担当の方も少しは提案してくれるのですが、
料金が高い割りにあまり納得のいくものではなかったんですよね。
司会をしてくれるプロのアナウンサーの方のほうが、よっぽど親身に考えてくれたしアイデアも豊富でした。
自己満足な演出ではなく、列席してくれる人たちのためにどうしたらいいかということを色々相談できて、とても助かりました。
アナウンサーの方がいなかったらどうなっていたんだか・・・。
本当にありがたかったです。

ホテルは多くの顧客を抱えてるから、
希望すればある程度は準備してくれるけれど、
基本的にはあまり色々提案せず、面倒な式にするのは避けたい、というのが正直なところなんだなと感じましたね。
今頃気づいても遅いですが。


色々思うところはありますが、
始まってしまえばあっという間に終わるでしょう。
式の後は2日間有給をいただいたので、
早く終わらせてゆっくり休みたい、これが本音かな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本番間近・・・結婚式準備 Scotch Park スコッチパーク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる