Scotch Park スコッチパーク

アクセスカウンタ

zoom RSS 横浜F・マリノス 1-0 ジェフ千葉 Jリーグ第14節

<<   作成日時 : 2007/06/10 00:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

代表戦をはさみ、2週間ぶりのリーグ戦。前節のレッズ戦はアウェーで観に行けなかったので、生観戦は実に3週間ぶり。とっても久しぶりな新鮮な気分で観られました。

夕方から小雨になり、濡れたピッチでの試合。
出場停止の隼磨に代わり、右サイドに那須が入る。対するジェフは代表選手の多いこと!つい最近、代表でプレーしていた聞き慣れた名前の選手がスタメンに連なっている。

休暇の効果は大きかったようで、動き出しは好調。早いパス回しでボールを繋いでいく。開始早々、相手DFに当たって転がったボールを大島が落ち着いてゴールに入れたがオフサイドの判定。坂田が蹴ったボールがDFに当たって大きくコースが変わり大島が拾ったのだから、見方によってはオフサイドではないような気もするのだが、旗が上がってしまった。
それでもいいペースには違いないと思っていたら、ジェフも負けじとパスを繋ぎシュートまでもってくる。お互いが、よく動くスムーズな攻撃に対し最終ラインが踏ん張り堅く守る展開。マリノスも攻めてはいるが、最後の牙城を崩せない。
山瀬兄のFKから大島がヘッドで合わせたボールもバーを直撃。その後の転がったボールも相手が体を張って守り得点には至らない。チャンスは少なくなかったが、最終ラインの必死の守りに次第に思い切ったプレーが減り、ちょこちょこと狭い中盤を繋ぐ無駄なプレーが多くなってきた。
前半は0-0で折り返し。


後半開始すぐ、山瀬弟がミドルシュート。前半は中途半端なプレーが多かったが急に目覚めたようにシュートを放ったので驚いた。その後吉田も狙いすましたミドルシュートを打ったがまたもやバーに阻まれる。ジェフは再三裏への飛び出しを仕掛けてくる。CBの2人が体を張って止めているのはもちろんだが、哲也の頑張りも大きい。今日の飛び出しは冴えている。

いいところまでいくのに入らないときに限ってあっさり失点とか嫌だなー、と思っていた23分、ついに均衡を破り吉田がゴール。小宮山がサイドで粘り、上げたクロスが、相手GKの手をかすめ、落ちた所に吉田が詰めた。吉田は最初から動きが良かったので、得点したのも納得できる。
これで勝利がグッと近づいたかと思われたが、得点したばかりの吉田が2枚目イエローで退場。残り20分近くを10人で戦うことになる。
吉田の位置に坂田が下がり、大島のワントップとなる。前半からとばしていた為疲労が大きく、全体的に急に守り一辺倒になる。大島に少しでも高い位置でボールをキープして欲しかったが、かなりキツそう。こういう時、久保がいてくれたらなぁ・・、とちょっと思ってしまう。

残り10分で大島に替えて上野が入る。ダブルボランチにして守り切ろうということなのか。
ボールがマリノス陣内でしか動かないようになってきてかなり冷や冷やな状況。このまま終わって!と祈るような思いで観ていたロスタイム、ついに相手にゴールを許してしまう。が、またもオフサイドの判定。前半、大島のゴールをオフサイドにしたラインズマンがまた旗を揚げている。後でテレビで見たら、このゴールもオフサイドとは言い難い。まー、両チームに危うい判定でおあいこといえばそうだけど、判定の質をあげてもらわないと意味がない。審判に文句を言ってカードを貰ってしまう選手が気の毒です。


とりあえず結果は勝利でホッとしました。首の皮一枚つながった感じ。負けるとすぐに崖っぷちに落ちる位置なので全く気は抜けません。アジアカップの中断まであと4試合。上位との対戦が続きますが、なんとか負けない試合で踏ん張って欲しいです。


2007/06/09 日産スタジアムにて観戦

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
横浜F・マリノス 1-0 ジェフ千葉 Jリーグ第14節 Scotch Park スコッチパーク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる