Scotch Park スコッチパーク

アクセスカウンタ

zoom RSS 『STEP UP』

<<   作成日時 : 2007/03/16 00:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

青春ダンスムービーです。カッコいいダンスと音楽、そして恋愛。見所はダンスなので内容は浅め。軽い気分で楽しめます。


試写会が開催されたのはZEPP TOKYO。深夜に放送されている「スーパーチャンプル」という番組に出演しているダンサー達が上映前と上映後にダンスを披露して盛り上げていました。なぜZEPP?と思っていたのですが、踊るステージが必要だったのですね、納得。
テレビに出演してるといっても番組は見たことがなくダンサー達も知りませんでしたが、観客の高校生などは知っているようでキャーキャー騒いでいました。世の若者達の間ではこういうものが流行っているのかと軽く衝撃でした。


貧しい家庭育ちのタイラーが、お嬢様の通う芸術学校の学生・ノーラとダンスを通じて知り合い、恋に落ちるストーリーです。

タイラーはいわゆる“ワルガキ”。親友とつるんでは夜な夜なクラブに出かけ、ケンカや盗みを繰り返しています。ある晩、たまたま近くを通りかかった芸術学校に忍び込み、ステージに置いてあった舞台セットをふざけながら次々に壊します。その壊し方が半端じゃなくてあきれるほどです。しばらしくてやってきた警備員に取り押さえられ、タイラーは芸術学校で200時間の奉仕活動を命じられます。

日本なら出入禁止になりそうなものなのに、罪を犯した者に掃除をさせるなんて心が広く賢いやり方。
ダンスや音楽の授業を横目で見ながらタイラーは窓拭きにモップ掛けにとだるそうにこなします。学校では卒業生が最後の発表会に向けて練習を始める時期。クラシック・バレエを学ぶノーラは、順調に練習を進めていましたが、ある日パートナーが怪我をしてしまいます。代役探しのオーディションをするも実力がイマイチ。困り果てたノーラに「俺がやる」と立候補したのが、オーディションが行われていた部屋の窓拭きをしていたタイラーだったのです。

タイラーはクラブで毎晩踊っているだけあって、ストリートダンスはかなりの腕前。それを認めたノーラは、卒業後の進路がかかる発表会を成功させたい一心で代役としてタイラーをパートナーにします。
校長にもなんとか許可をもらい、2人の練習がスタート。バレエの動きに慣れないタイラーは最初のうちは手こずりますが、ストリートとバレエを融合させたダンスを提案するなど、新しいダンスを作り上げていきます。発表会で一緒に踊れることを願うタイラーとノーラ。しかし、発表会が迫る頃、正式なパートナーの怪我が癒え戻ってくるのです。


代役とはいえ部外者をパートナーとして許可してしまうのがこれまた寛容で驚きです。
タイラーはかしこまったバレエという踊りを最初はバカにしていて、練習態度もいい加減。よく遅刻してノーラを怒らせます。しかし、徐々に考え方が変わってきて、バレエは無理だけれど、ヒップホップをきちんと学びたいと思うようになります。心境の変化のせいで、ワルい親友と確執が生じますが、やりたいことが見えてきたタイラーは自分の進むべき道を真剣に考えるようになるのです。


勉強、就職、友達、恋愛など、若き日のドキドキ感や悩みが味わえる内容が詰め込まれています。実年齢は20代半ばの主演の2人が高校生役なので、見かけのわりに行動が初々しくて爽やかです。
ダンスや音楽のことはよくわかりませんが、最後の発表会のダンスシーンは勢いがあって目が離せません。カッコイイです。音楽も相当凝っている感じがします。内容はありふれていますが、ダンス好き、音楽好きの人はかなり楽しめると思います。特にそういったものに興味がなければ見なくても後悔はしないと思います。


ZEPP TOKYOにて試写会鑑賞 上映時間:1時間40分

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『STEP UP』 Scotch Park スコッチパーク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる