Scotch Park スコッチパーク

アクセスカウンタ

zoom RSS 『マッチポイント』

<<   作成日時 : 2006/09/06 00:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

スカーレット・ヨハンソンが好きです。
数年前に『真珠の耳飾りの少女』を観たとき、その演技とそれほど美人ではないけれど魅力的な容姿に惹かれました。以来、彼女の出演する映画はなるべくチェックしています。
今回も複雑な役どころを見事に演じていました。当時二十歳とは思えない存在感です。

舞台はイギリス、ロンドンです。美しい街並みが印象に残ります。
乗馬やポロの話題が頻繁に出てきたり、趣味で狩猟を楽しむなどいかにもイギリスらしい要素が満載です。


内容を簡単に言ってしまえば、重めの不倫映画です。

アイルランドからロンドンに出てきた元プロテニスプレーヤーのクリス(ジョナサン・リース・メイヤーズ)が主人公。
資産家の父親を持つ友人のトム(マシュー・グード)の妹クロエ(エミリー・モーティマー)と付き合っていながら、トムの婚約者ノラ(スカーレット・ヨハンソン)に惹かれ、関係をもってしまいます。

クリスは両親に気に入られ、トムの父親が経営する大企業にテニスコーチから転職、クロエとも結婚しトントン拍子に出世します。
一方ノラはトムの母親に気に入られず、結婚の話が進みません。やがて母親の反対に耐え切れず婚約は解消へ。クリスはノラにますますハマり、忙しい時間をやりくりしては密会を重ねます。

妻のクロエは赤ちゃんを欲しがりますが、なかなか出来ません。不妊治療を受けながら何とか赤ちゃんを授かろうと努力します。
悩みながらも前向きに明るく振舞い、夫への気遣いも忘れません。痛々しい中にも強さを感じました。

そんな中、ノラの妊娠が発覚。離婚するとクリスは言いますが、妻の前で切り出すことが出来ません。イライラが募り言い争いが多くなる二人。
愛人という影の存在である限り、頼れるのはクリスだけ。そんなノラの必死さが伝わりこの部分はほんとに切なかった。


クリスは追い詰められ悩みます。妻と別れて愛するノラと一緒になりたい、でも今のお金や社会的地位や家族を捨てられるのか・・・?



結局離婚はせず、何事も無かったかのように元の生活に戻ります。

やはり元のさやに落ち着く事を選んだか、というのが正直な感想。ずるい。
ただ、罪を犯した男には一生背負い続けなければならない重い罰が用意されていました。自業自得なのですが。
終わり方は現実では考えづらいことですが、映画としてはこれでよかったのかもしれません。


また、「運」がキーポイントの様に描かれていますが、そこにはあまり共感できませんでした。
テニスでボールがネットに当たり、どっちに落ちるかは運かもしれません。でも、不倫に陥るのも罪を犯すのもそれはあくまで自分の意志。そこに運を絡ませても話がややこしくなるだけ。原因がハッキリしているだけに「運」がとってつけたようになっていたのが気になりました。



川崎チネチッタにて鑑賞

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『マッチポイント』 Scotch Park スコッチパーク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる