Scotch Park スコッチパーク

アクセスカウンタ

zoom RSS 無事終了、結婚式&披露宴

<<   作成日時 : 2008/07/07 00:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

終わりました、結婚式。
いやー、終わった終わった、素晴らしい開放感。
やっと心底おいしいお酒が飲めそうです。


日記がてら、当日の様子を書いてみます。


当日の朝は食事もそこそこに着替え開始。
メイクと髪をセットしてもらい、ドレスを着て1時間ちょっとで変身。
スタッフの方が至れり尽くせりでやってくれるので結構快感。


準備ができたら新郎と合流し、まったりする暇も無く写真撮影へ。
首の角度まで細かく調整され、ちょっと無理な体勢。
笑顔で!と言われてもとても笑えない。
硬い表情してるんだろうな、出来上がりが楽しみ。


その後は親族紹介の行われる控え室へ。
家族、親族と合流。
ここでは新郎新婦は出番が無く、ただ見ているだけなので、
親族同士の緊張感がじわーっと漂っているけどわりと気楽。


いざ親族紹介開始。
ここでちょっとハプニング。
私の父親が、緊張のあまり自分のことを『新婦の○○でございます』と言ってしまう。
えっ?新婦!?
いやいや、新婦の『父』でしょうにーーーー。
こんなコントのような間違いにいきなり大ウケさせてもらいました。


これで場の雰囲気がほぐれたかと思ったが、子供には通用しなかったらしい。
最初からふてくされていた姪っ子と甥っ子が、紹介の番になったらついに『えーん!』と泣き出した。
これはこれで可愛げがあっていいですが、新郎側の紹介はすんなり終わったのに、私の方はなんだかバタバタで。
もう、どうにでもなれと開き直りモード。


紹介が終わると、
新郎新婦と父親だけその場に残され、式の入場の練習。
歩き方、腕の組み方、礼の仕方、でもたったそれだけ。
リハーサルをした、っていう話もよく聞くが、一切無し。
その場その場で担当がお声をかけますので、その通りに動いて下さい、と言われるのみ。
直前に説明されてもどうせ覚えられないですが、流れすら知らずにぶっつけ本番だなんて。
この時点になってやや緊張。


教会前に移動。
一息つく間もなく、すぐに新郎の入場が始まる。
ついで父親と私が入場。
ここでまたハプニング。
父親と歩調が全く合わない。
なんとか頑張って父と合わせようとしたが、一度ずれると簡単には戻らない。
そのうち体同士がぶつかってしまい、不安定な靴を履いてる私は体重のある父親にはじきとばされ、ヨロヨロと横に動いてしまう。しかも2度も。
なんとか笑いをこらえるも、ふと前を見ると、こらえきれずに爆笑する母親の姿が。
それにつられて思わず大笑い。
父親は緊張で歩くのが精一杯で、娘を気遣う余裕はなかったとのこと。
教会は神聖な場所だからおしとやかに、とは言うけれど、そうはいきませんでした。


何とか神父様の前に到着。
ここからはいよいよぶっつけ本番。
スタッフの方に言われるがまま、なされるがまま、
オロオロしつつ礼をしたり向かい合ったり握手したり。

そうしてまた、ハプニング。
指輪交換で、新郎の指輪が入らない。
緊張のあまり、手汗がびっしょりの新郎。
なんとか入れようとグリグリと粘ってみたものの第2関節手前でストップ。
ついに、『新郎、自分でちょっと直していいですよ』と神父様から助け舟。
参列者の席からはちらほら笑い声も。
涙や感動とは縁のない、笑いの多い式になってしまいました。


最後は結婚宣誓書にサイン。
長ーい羽の付いた細いペン。これがまた書きづらい。
手袋で滑るのもあって、みみずが這ったようなヘロヘロの字に。
写真も飾れる台紙付きだけど、とても飾る気にはなれません。


式が終わると親族全員での写真撮影へ。
ここでの中心は、なかなかカメラを見てくれない子供たち。
カメラマンが鈴を鳴らしまくって子供の注意を引き、
タイミングのいいときを狙ってパシャリ!
大人はそれに合わせてニッコリ!タイミングが難しい。


披露宴を前にして、トイレタイム。
いったんドレスを脱いで、ベールを外して、締め付けていた下着も取って、靴も脱いで。
しばしの開放感。
が、用が済むとすぐに支度。
次は料理が待っているので、下着は少しゆるめに。


穏やかに始まった披露宴。
乾杯が終わり、料理が運ばれる頃にはゲストもだいぶリラックスムード。
お酒が入り、それぞれ会話も弾みだし、
写真撮影に、お酒を注ぎにと歩き回る人も出始める。
ここまでくれば、もう大丈夫。
ここぞとばかりに料理に集中。
次から次へと食べ尽くし、見事完食。大満足。
派手な余興やつまらない祝辞は無しにして、
それぞれが好きなように和気藹々と過ごした2時間です。
最後は新郎の謝辞で締めて、お開き。終了。




準備段階ではどこか納得できないことが多くて不安もあったのに、
終わってしまえば何が不安だったのか忘れてしまうくらい面白いし楽しい。
結婚式というハイテンションな雰囲気に包まれると、勢いで何とかなってしまうものなんですね。
ホテルのスタッフの方も手馴れたもので、スムーズに進めて下さって感謝です。

担当の方は、当日は会場のセッティングに徹しているらしく、ほとんど顔を合わせませんでした。
たいして話もできませんでしたが、会場の飾りつけ等は希望通りに完璧にやっていただいたので、やはり感謝です。

最後にひとつ、どうしても気になったのは、
披露宴の食事の時、ゲストのドリンクが出てくるのが遅いこと。
新郎新婦には真っ先にスタッフの方が聞きにきてくれるのですが、ゲストは後回しに。
乾杯用のシャンパンもいいけど、まずビールが欲しい!というゲストは、なかなか食事が始められませんでした。
まわりを見ている余裕はあまりありませんでしたが、唯一その点だけ気になりました。

とはいっても、至れり尽くせりでやってもらって本当に快適でした。
当日は挙式の組数が多く、他の式のゲスト等でホテル内が相当混雑していましたが、
誰ひとり迷子になることなく、そして新郎新婦同士もバッティングすることなく、うまいこと進めていただきました。
やってみて、やっぱりホテルはプロだなぁ、と実感。
気が進まなかったけど、やってみて良かった。いい記念になりました。
そして、無事終了して何よりです。

画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
無事終了、結婚式&披露宴 Scotch Park スコッチパーク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる