Scotch Park スコッチパーク

アクセスカウンタ

zoom RSS 横浜F・マリノス 3-0 柏レイソル ナビスコカップ予選

<<   作成日時 : 2007/05/10 00:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

若手が活躍して快勝。若さに元気をもらえたいい試合でした。

連戦の中、3日前のリーグ戦とはスタメン5人を入れ替える。右サイドバックは久しぶりに出場の那須、ボランチに上野、中盤右に狩野、2トップは清水とマイク。
マリノスはメンバーを入れ替えても好調さを維持しているよう。立ち上がり、動きは悪くないが、初スタメンや久々出場の選手が多くて連携がうまくいかない。パスを出しても受け手が逆に走ったり、マイクがポストプレーで落としたボールが味方に渡らない。
隼磨がいないので、右サイドからの攻撃がなかなか仕掛けられないが、左の小宮山がガンガン上がって攻撃に参加してくる。マイクには合わなかったが、小宮山の早いクロスは見事だった。

レイソルも主力数人を温存しているようだが、相変わらずチームが一体となり激しくプレッシャーをかけてくる。
狭い三ツ沢で、よく走る両チームが争うのだから、展開としては落ち着く間もなくとにかく忙しい。

序盤は押していたマリノスだが、若干ちぐはぐしているうちに、相手に攻め込まれることが多くなってきた。相手中盤の外国人2人はスピードがあり、FWばかり気にしていると後ろからどんどん上がってくる。スピードにのせると怖い。前半は得点まで至らず0-0で折り返す。


後半開始からレイソルは菅沼を入れて点を取りにきた。マリノスは交代なし。
先制点は後半5分、山瀬兄のドリブル突破で得たPKから。ゴール左隅に早いボールを落ち着いて蹴るあたりはさすが。GKはよんでいたが、あのコースでは防げない。
1点先制して動きが急によくなった。前半よりパスも繋がり出して得点の気配が漂い始めた後半12分、流れの中から追加点。小宮山のクロスをファーで待っていたマイクがドカン!と決めた。クロスが上がった時はボールが高いと思ったけど、そのボールに届いてしまうマイクは本当に高い。本人曰く、軽くジャンプした、ということだが、かなりの迫力だった。
前線からプレスをかけるスタイルの中で、マイクの役割が半端にならないか気がかりでしたが、特徴の高さが生きた素晴らしいゴールでした。

2点取ってから選手交代。乾と斎藤が入り、前線をかき回す。レイソルに攻めまくられるかと思ったが、若い選手が頑張り、案外持ちこたえている。乾は得意のドリブルで攻めていくが、DFに体を軽く当てられただけで吹っ飛んでしまい、ボールを奪われる。せめてファウルを貰えるぐらいのフェイントなり身のこなしを習得してもらうと観てる方もドキドキしなくて助かるなぁ。
2トップがいい動きでファウルを誘った。FKを狩野が左上に決める。3点目。まさかこのメンバーで3点取れるとは・・・、正直驚いた。

残り10分を過ぎた頃から、猛反撃の相手に防戦一方になる。シュートがポストに当たり、難を逃れたラッキーな場面も。ファウルが多くなり、相手のFKやCKで冷や冷やするが、要所要所で中澤が体を張ってボールを跳ね返す。勝利はほぼ確定だったが、無失点でしのいで欲しかったので、試合終了のホイッスルが鳴った時はホッとした。


若いメンバーのハツラツとした動きはよかったですが、試合の内容としては五分五分だった感じもします。たまたまいい時間にPKをゲットできた事で精神的に有利になりノッていけたけど、それが無かったらどうなっていたかわかりません。


次はまた中2日で名古屋戦。今回温存したメンバーがリフレッシュして頑張ってくれると思います。午後2時キックオフなので、あまり暑くならないことを祈ります。


2007/05/09 三ツ沢球技場にて観戦

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
横浜F・マリノス 3-0 柏レイソル ナビスコカップ予選 Scotch Park スコッチパーク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる