Scotch Park スコッチパーク

アクセスカウンタ

zoom RSS 横浜F・マリノス 1-1 鹿島アントラーズ Jリーグ第10節

<<   作成日時 : 2007/05/08 00:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

カシマスタジアムへ行ってきました。
アウェーの試合はあまり行かないのですが、マリノスが好調で試合が観たかったので、思い切って行ってきました。
しかし茨城は遠かったですね。そして予想していたより田舎でした。成田を過ぎると、目の前には遥か彼方まで続く田園風景。ここは本当に首都圏なのか・・・。驚きましたが、自然を満喫、おいしい空気をたくさん吸えてよかったです。

スタジアムに着くとそこは大雨。雨でも濡れずに観られる日産スタジアムの有難さを実感。


試合は序盤から動けず、良くない入り方。ここ数試合のように前線からプレスがかからない。雨で芝が滑るから動き辛かったのか、それとも疲労が溜まっていたのか、全体的に重さを感じる。ゴール近くまで持ち込んでも堅い守備にシュートを打てず、ボールを奪われる事が多い。
一方、アントラーズは最初から積極的に攻めてきた。前に前にという意識が強く感じられる。ピッチを広く使い、右サイドが機能して、シンプルにボールを入れてきた。マリノスがやりたかった事をむしろ相手にやられていた感じ。

どうも思うようにいかず、大丈夫かと思い始めた21分、たまたまおとずれたチャンスに吉田がゴール。見事な切替してのシュート。個人技で決めてくれました。攻められていただけに大きな1点。前半はなんとか1点を守って折り返し。


後半も雨は少しも止む気配なし。むしろ強くなっているぐらいの悪状況。
開始直後からアントラーズが追いつくべく攻撃を仕掛けてくる。マリノスも落ち着いて対処しているように見えたが、ただ単に体が動いていなかっただけかも。失点シーンは、DFのクリアが相手選手の前に転がってしまい、運が悪かったようにも見えるが、その前に隼磨の上がった後ろのスペースをつかれ、CBだけではどうにもできないような状況になったのが痛かった。

同点に追いつかれ、少々ペースをあげてきたマリノス。しかし攻撃に時間がかかり、相手DFにゴール前を固められ、せっかくシュートを打ってもDFに当たってしまう。濡れたピッチでGKはボールを扱うのに苦労していたから、もっと積極的にシュートを打てればチャンスも増えたはず。

交代枠を3人使い、もう1点を取りに行く姿勢は伝わってきた。何度かチャンスはあったものの、得点までは至らない。相手も勝ちにきていてあわや失点という場面もあり、最後まで目の離せない力の入る展開だった。
そのままドローで終了。勝って欲しかったが、負けてもおかしくない試合だったので引き分けでも悪くない。10節にして初めての引き分け。上位に食い込むには悪くても引き分けに持ち込むしぶとさが大事になってくる。内容はともかく、この結果は前向きにとらえたい。


中2日で次はナビスコ予選、レイソル戦。先日リーグ戦で負けたので、勝っておきたいところ。天気は良さそう。タイトな日程でどこまでやってくれるのか、じっくり観たいと思います。


2007/05/06 カシマサッカースタジアムにて観戦

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
横浜F・マリノス 1-1 鹿島アントラーズ Jリーグ第10節 Scotch Park スコッチパーク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる