Scotch Park スコッチパーク

アクセスカウンタ

zoom RSS 横浜F・マリノス 1-0 ヴァンフォーレ甲府 Jリーグ第1節

<<   作成日時 : 2007/03/04 23:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Jリーグ2007シーズンいよいよ開幕しました!
今年もまたサッカーに追われる日々が続きます。一年を通して試合の日程と他の予定がかぶりませんように。


開幕戦は今年もホーム。試合前、何か派手なパフォーマンスでもあるのかと思いましたが、タイミング悪く爆薬がボカン!!と一発鳴っただけ。数年前は人が空を飛んだりしてたのに。観客数も24000人強。空席が目立つ淋しいスタートです。

4バックに3トップ。ボランチの右にはルーキーの長谷川アーリア。戦前から予想されていたけど、本当にスタメンでかなり驚きです。トップの中央には新加入の鈴木。ファウルたくさんもらってね。

攻撃的布陣という事で、どれほどの攻撃が見られるのか、とても期待していたけど、攻めが利いていたのは山瀬兄のゴールがあった、前半の前半ぐらいだけ。前半の途中からは、甲府に中盤でパスを回されることが多くなり、ズルズル下がる状態。
プレスをかけようにも連携がイマイチで圧力がかからず、ほとんどボールが奪えない。4バックの守りに入った時の難しさを感じました。

後半になると攻勢に出てくる相手に更にボールを支配される。両サイドが上がれなくなってきて余計に押し込まれた。甲府はワン・ツーで細かいパスを繋ぐのが巧くて、マリノスは見てるだけのようになってしまう。ただ、相手もパスは繋げてもシュートまでもってくることができなくて助けられた。バレーの抜けた穴は大きいらしい。

中澤と勇蔵のギリギリのところでカットして、前にボールを送って鈴木が走ってカウンター開始。カウンターだけは超早い。しかもちゃんとシュートで終わる事が多い。あれ?目指すは守って守ってカウンターチームだったっけ?と思ってしまうくらいでした。
攻めた印象より、ボールを回された印象の方が強く残る試合。それでもなんとか勝てたのは、山瀬兄のゴールといい、CBの強さといい、個々の力によるところが大きかった気がします。


鈴木は最後にいらないところでイエローもらって2枚目退場でしたが、90分間持ち味を発揮していました。点を取れない守備的FWというイメージがあったけど、決して守備的ではないな、と。フィジカルの強さはさすがだったし、DFに対する体の当て方など小技のバリエーションも豊富でした。ファウルもたくさん貰ってくれて有難い。

長谷川アーリアは初めて見ましたが、視野が広くて攻撃のセンスがあることはよくわかりました。デビュー戦で初アシスト、他にも数回攻めに入るところでいいパスを出していました。ただ、守備に追われる時間が長い展開の中では、ボランチとしての位置取りや詰めの甘さなどこれから改善していくのだろうなという感じです。楽しみな選手が出てきて今後に期待がもてます。


とりあえず1勝できてよかったのですが、まだまだ未完成で未知数です。今後どうなっていくのやら予想もつきません。
開幕戦のスタメンと、最終戦のスタメンがどれだけ入れ替わってるんだろう?とふと思ったので、開幕スタメンは書いておくことにします。

GK
1 榎本 哲也

DF
4 那須 大亮
30 栗原 勇蔵
22 中澤 佑二
7 田中 隼磨

MF
35 河合 竜二
29 長谷川 アーリア ジャスール
10 山瀬 功治

FW
8 マルケス
9 鈴木 隆行
33 マルクス

SUB
21 高桑 大二朗
28 天野 貴史
14 狩野 健太
6 上野 良治
19 乾 貴士
15 大島 秀夫
11 坂田 大輔

51分 マルクス→坂田 大輔
76分 マルケス→狩野 健太


2007/03/03 日産スタジアムにて観戦

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
横浜F・マリノス 1-0 ヴァンフォーレ甲府 Jリーグ第1節 Scotch Park スコッチパーク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる